--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2009.03.06 *Fri

MRIとりました。

自己記録用日記です。
カテゴリに関係・興味のない方は以下は読まない方が無難かと。
OC(低用量ピル)ルナベル服用で一時期は快方に…とまでは言わないものの、
まあ現状維持で行けるかな?と思われていた
私の子宮筋腫&子宮腺筋症&チョコレートのう腫。
先月の生理で特に痛みが激しかったこともあり、主治医の勧めでMRIを撮りました。
で、今日その結果説明を受けまして。

1.子宮全体が健康なものの倍以上の大きさになってます。
2.子宮筋腫もありますが、子宮の半分くらいに腺筋症が見えます。
3.右の卵巣のチョコレートのう腫は6センチ。摘出手術適用の大きさ。
4.子宮と右卵巣の境が見えないほどに癒着してます。
5.左の卵巣もなんかやばげ。卵管のあたりに病巣らしきものが見えます。
6.左右の骨盤にも癒着がすすんでます。凍結骨盤というやつです。

という状態。
MRIの写真を見た主治医が開口一番「これは…痛いよね…」と言ったのがなんとも orz

そして現状を踏まえた上での今後の方針。

1.遅かれ早かれ手術は必要になりますが、病巣があっちこっちに相当癒着してるので
  輸血必須の大手術になります。
2.内視鏡手術は無理。開腹で。
  ただし開腹手術には腸の癒着が起きやすいというリスクがあります。
  手術の前に自分の血を取って輸血に備えるなどの準備期間が半年ほど必要です。
3.手術しても完治は望めません。とりあえず日常的な痛みがなくなるくらい。
  30代のうちにチョコレートのう腫と癒着部分の摘出手術を行い、
  40代になったら子宮全摘になるとおもいます。
  あと、今後妊娠を望む場合も自然妊娠はかなり難しいです。
  人工授精等の手段を考えてください。

とゆーことで。
今後も多分私は一人で生きていくんじゃなかろーかと思うのですが、
なんつーか普通の手段では子供できませんよと言い切られたのはやっぱりショックでしたな?。
23:56CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



トリップアドバイザー



リラックマ



プロフィール

管理人:岩倉



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 好きなものを好きなように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。