--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2009.01.04 *Sun

ミス・サイゴン プレビュー公演。

今日はいよいよ!年末から楽しみにしていた博多座「ミス・サイゴン」観劇の日です。
お昼に福沢さん及び聖徳さんと待ち合わせて昼食(焼肉食べ放題…w)+カラオケで時間を過ごし、
福沢さんと二人でお待ちかねの博多座へ。


20090104000224

入口には「レ・ミゼラブル」のときとはまた別の旗が飾られていて雰囲気満点。
そして人もいっぱいw
みんなきっと待ちかねてたんだろうなあ。

さて肝心の席に行ってみてびっくり。2階最前列ど真ん中!
ちなみに博多座における「2階最前列ど真ん中」は
前を遮るものがなく役者さんの表情も舞台全体の演出もよく見えるという非常に素晴らしい席です。
この席を金券ショップで発見した福沢さんえらい!大感謝!!
そして初日初回のこの超・良席を手放さなければならなかった方には感謝と合掌を…(謎


とりあえず席の確認と荷物&上着を置き、プログラム購入&ロビー散策へ。
ロビーではミュージカルや役者さん関係のCD・お弁当各種・博多座グッズ・和風グッズのほかに
ベトナム雑貨(刺繍が美しい財布やポーチ、ストール、バッグなど)やベトナムコーヒー(豆・器など)、
あと予想通り「ミス・サイゴン」の香水を売ってたりしました。
予算があればベトナム雑貨を何か買いたかったなあ…好きなんですよアジアンな雑貨…
あ、香水については「楽天館」のほうで詳しく書きますのでそちらを参照してください(ぉ


プログラム売り場では「A席チケット2枚+プログラム2冊+α」の福袋、2万円を発見。
…うん、すごくお得なんだけどもうお金ないです私たち(泣
なのでおとなしくプログラムのみ購入して席に戻りました。


食事ブースには福岡市内のベトナム料理屋さんが出店されていましたが、
お昼にお肉をたーんと食べたせいでおなかいっぱいだったため今回はパス。
次回行ってみたいねー(ぉ


以下レビューです↓ ネタばれあり…いやしかしサイゴンは予習していった方が楽しめる舞台ですよ(謎
本日キャストはこんな感じでした。…帰りにあせって撮ったせいでボケボケ…

ちなみに1幕が始まる前は
・エンジニア=別所哲也さん ・キム=知念里奈さん ・ジョン=岡幸二郎さん あと泉見洋平さんが出るはず
というくらいしかキャストを把握していなかったのでクリス役は泉見さんだと思いこんでおりました私(ぉぃ
歌が始まって初めて「あ、井上さんだ」と分かったんだよなぁ…


井上芳雄さんのクリスはもうなんちゅーか、良くも悪くも「ヘタれ」でしたとも。
…いや井上さんの歌と演技はよかった。悪いのは「クリス」の役どころじゃ。
おまえなんか、おまえなんかっ、「ミュージカル界最悪のヘタれ」と呼んでやる?!!
(↑ミュージカル界には通称「三大ヘタれ」と呼ばれる主役(ヒーロー?)がありまして…
  1:「オペラ座の怪人」のラウル子爵 2:「レ・ミゼラブル」のマリウス、
  そして3人目がこの「ミス・サイゴン」のクリスなのです…
  しかーし! ラウルはちゃんとファントムと戦ってるしマリウスは単に超鈍感なだけ!
  二股かけて迷ってるだけのクリスとは違うんじゃー!! …はい身勝手な怒りコーナーでした)

知念里奈さんは以前「レ・ミゼラブル」で見た時よりずっとうまくなってる!
声もよく通るし発音もきれいだしすきとおった高音が素敵。
そしてスタイルが抜群に良いw 
「17歳の田舎者の小娘」とは思えない足の長さでした(どこを見ている
しかし惜しむらくは2幕での狂いっぷりがもうちょい足りなかったな。
これは今後に期待したいところです(えらそう

トゥイ役の泉見洋平さんはいい感じにいちずでいい感じに傲慢でした。
キムをいちずに思っているのにむくわれないところはかわいそうなんだけどー
…言うこと聞かないからってなぐるけるは(部下を使ってだけど)やっちゃいけませんよ、と。

別所哲也さんのエンジニアはもう言うことなし。
あのさわやかな「ハムの人」とは思えないくらいのうさんくささ!(←ほめ言葉ですよ
でもこれ以上大きくならないでくださいね(ぇ
次に見るときのエンジニア役はベテランの市村正親さんなので、これまた楽しみ。
さらに3月の筧利夫さんも楽しみですわ。

そして岡幸二郎さん?!
最初の場末のキャバレーのシーンは「どうしようこんなに浮いてて…」と思いましたが、
それ以降は「指導者」としての役柄になったせいか大変いい感じに輝かれていらっしゃいました。
特に2幕最初の「ブイ・ドイ」がすばらしいですよ皆さん!
…あと2回見に行くんですが情報ともジョン役は岡さんなんですよね。楽しみ。
イヤ狙ったわけじゃないですよ? 基準はエンジニアを誰がやるかでしたから。

そして子役さん。小さい子は出てくるだけでかわいいです…ほのぼの。
「おじちゃんにキスを」と言われてエンジニアのほっぺにちゅーしたあと、お口ごしごしのシーンで
会場内を暖かな笑いに包んでくれました。
あとカーテンコールで別所さんが「おいでー」と両手を差し出しているのに
まっすぐ知念さん&鈴木ほのかさんのところに行っちゃったのもポイント高し(激謎


そう言えばカーテンコールで出てくるときにアンサンブルのお嬢さんが一人
アオザイのすそをふんで思いっきりすっ転んでましたが大丈夫だったかな…
00:55CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



トリップアドバイザー



リラックマ



プロフィール

管理人:岩倉



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 好きなものを好きなように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。