--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2008.10.07 *Tue

ただいまの治療。

子宮内膜症&子宮筋腫&子宮腺筋症という三大婦人科病の治療のため、
9月から「ルナベル」というお薬を服用しています。
(MRIの結果、ものの見事に手術はムリな状況だったわけで…
 簡単にいえば子宮壁の大部分が内膜症の病巣と小さい筋腫が折り重なった状態で、
 それを手術でちまちま取り除くのはかなりキツイよ?という状態)

この「ルナベル」というお薬、簡単にいえばつまり「低用量ピル」なのです。
ただし今までは避妊用としてかつ健康保険では認められていなかった薬剤なのですが、

「2008年7月8日、女性ホルモン製剤のルナベル配合錠が発売される。同薬は、4月16日に製造承認を取得し、6月13日に薬価収載されている。適応は「子宮内膜症に伴う月経困難症」で、用法・用法は「1日1錠、毎日一定時間に21日間経口投与し、その後7日間休薬する」となっている。」

ということになったのです?。
つまり今まで別の薬をこっそり流用していた状態だったのが
堂々と「この症状に使えますよ」という認可をもらった上で出してもらえるようになりましたと。

9月1日から21日間飲んでみて、

 
うん、前回の生理は楽でしたよ?出血少なかったし。
痛みが全くなかったわけではないのですが、
普通に飲む鎮痛剤+どうしてもきついときは座薬で対応可。
まあ…そのすべてが病院仕様という時点でまだまだかな^^;
市販薬のみで乗り切れるようになればベストなんですけど。


ただ問題は、通常生活での副作用。
「低用量ピル」の副作用で一番怖いのが「血栓症」。
どうしようもなく頭が痛かったりふくらはぎが痛かったり目が見えなくなったら
即病院に駆け込むように言われております。ひー。
そして「低用量」とはいえどもやはりホルモン剤なわけなので、
胸は張って痛いわお通じが不調だわ、生理痛ぽい謎の腹痛が延々続いているわ
なんか精神的にやる気な?い状態が続いてるわ。

とりあえず副作用は3シート(3か月)で収まるらしいので
あとひと月は我慢我慢のようです…


日常生活の些細な不調を我慢するか、1週間の絶不調を我慢するか。
…結構究極の判断かもしれないなw
00:30CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



トリップアドバイザー



リラックマ



プロフィール

管理人:岩倉



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 好きなものを好きなように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。