--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2007.09.20 *Thu

贅沢な一日・博多座マチネ

ついにこの日が来ましたよ。
9月20日。
博多座昼夜連覇観劇の日! 待ってたよ「レ・ミゼラブル」!!

…この日のために過酷な8月を生きぬいてきたのよ…(泣

というわけで、福沢さんと待ち合わせいざ博多座へ。
地下鉄中須川端駅から博多座へ上がると、
そこは3色旗がはためきすっかりおフランスムード。
緊張しながら早速中へ。
あいかわらずごーぢゃすな劇場です。特にトイレが広くて多くて美しいのです。ありがたや(激謎
ロビーではパンフレットのほかにも
ワインやらチーズやらケーキやら雑貨やらお弁当やら売っているので
けっこう雑然とした雰囲気。
今日泊まるんでなきゃケーキを買って帰りたかったよ…16区…(福岡の名店です)

そして今回の席は「S席」です。いちまんごせんごひゃくえんもします。
前から三列目、下手側。周りがおばさまばかりなのでちょっとマナー的に危険な予感…はちょっとだけ当たり。
隣の席のおばさまが曲の合間ごとに大きな動きで座り直したり足を組みかえたりされていたのが気になって気になって。
ずっと同じ姿勢がつらい気持ちはわかりますが…できれば我慢してほしかった…

以下レビューです↓
総じて満足満足。

ジャン・バルジャンの山口祐一郎さんの歌は素晴らしくて
(動きが時々怪しかったのが気になったけど。癖?)
対するジャベール、岡幸二郎さんがすばらしかったんですよ。
思わず字が大きくなるくらい素敵でした。
歌、演技、容姿すべてにおいて福沢さんと私のポイントを的確についておりました。後半の制服姿がよかったわ…ほう。
ファンテーヌはシルビア・グラブさん。上手かった! 「悪いことはしてないんだけど女に嫌われる女」を見事に演じられてました(注;褒め言葉
エポニーヌ役は知念里奈さん。可憐だし歌はうまかったけど泣けなかった(激謎 もう少し…なんだけどな。
あと、コゼットの富田麻帆さんも声の癖が耳について…まあこれは好みの問題かと。
マリウス役の小西遼生さんは良く役の特徴をつかんで演技されているなと思いました。その場の雰囲気に流されてるところとか(ぇ
東山義久さん演じるアンジョルラスはたくましくて頼りがいがありそうなリーダーでした。アンジョルラスという役にはわりと線が細い印象があったので
ちと違和感が(ぉ
テナルディエを演じる徳井優さんの演技が以前よりこなれていてよかった。「狂言回し」という役どころにぴったり。
テナルディエの妻は瀬戸内美八さん。すばらしいコメディエンヌぶりでした。
ちょこちょこしたアドリブが自然に笑いを誘うのはさすが。

あと、ガヴローシュ少年に関する演出と歌が変わっておりました。違和感が…うーむ。

舞台の最後、カーテンコールの時に出演者の方が小さな花束を客席に投げられるのですが、
…指先をかすめて別の席に落ちました。残念。


そしてこの日は引き続き夜の部も見るのです。
ああなんて贅沢。…続く(ぉ
20:09CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



トリップアドバイザー



リラックマ



プロフィール

管理人:岩倉



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 好きなものを好きなように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。