--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2005.04.25 *Mon

「阿修羅城の瞳」さらなる感想

友人といっしょに2回目、見てきました。

1回目は地元シネコンだったので
全く売店になかった限定グッズも
専用の映画館にいった今回は全部そろってました。
「実際に映画内で使用していた(小道具の)剣」も展示してありました。
貴重なものを見た…のよね?


以下ネタバレこみの感想です↓
実は私、舞台版はDVDでしか見てないので…
だから本当は多分比較検討なんておこがましいと思うんですが。

えらく単純な物語になってしまったなあというのが
正直なところです。
いや第1回目の感想でも書いたように、
世界観なんかはかなり大事にしてあるし、
「舞台を見てない人でもわかるようにしよう!」という
制作者側の意図は認められるんですが…

邪空がなぜあれほどに「阿修羅」の力を欲するのかとか
そもそも「鬼御門」ってどういう存在なのかとか
(映画の扱いじゃただの人切り集団だと…)
最初の方であっさり殺されてしまった「鬼御門」の頭領の存在理由がないぞとか…

実際の舞台を見た友人2名は相当不満そうでしたね^^;
00:01CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



トリップアドバイザー



リラックマ



プロフィール

管理人:岩倉



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 好きなものを好きなように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。